第一自動車販売│新潟県上越市・妙高市・糸魚川市の軽未使用車専門店

ポケットカーズ上越店ポケットカーズ上越店
0120525717

第一自動車創業物語

軽未使用者車専門店ポケットカーズ上越店を運営する第一自動車販売株式会社は、創業者「真保正博」が昭和51年に第一自動車販売を創業、自動車販売業をスタートさせました。

第一自動車販売の創業者「真保 正博」は、昭和24年に新潟県上越市岩木で農家の長男として生まれ、高校を卒業後、地元ディーラーの「新潟トヨタ」に入社しました。

実家は農業を営んでいましたが、正博は当時誰もが憧れた自動車という高級な乗り物を売る事に憧れを感じ「自動車を扱う仕事がしたい!」と新潟トヨタの新卒採用試験に受かり、自動車販売の営業マンとして採用されました。
Placeholder image

高値の花であった自動車を扱うことに憧れる真保青年

自分の自動車が欲しい!

「俺もいつか独立して自分の自動車が欲しい!」

農家出身の正博は、決して裕福なわけではありませんでした。入社した当時の初任給は、たったの1万8千円です。一方、自分がお客さまに販売している自動車は、100万を超える高額なクルマばかり。正博は自動車を販売しながら「どうしてみんな高価な自動車が買えるんだろうか・・・」と考えていました。「どうすればこんな高級品を買えるんだろう。果たして俺にも買える時が来るのだろうか。頑張れば買えるのだろうか・・」と、高級車を現金一括で買っていくお客さまをみながら「いつか俺もトップセールマンになって自分の車を買うんだ!」と思うようになったのです。

自動車が好きで新潟トヨタに就職したものの、家業を手伝わないとならない身です。平日は自動車販売、休日は家業の稲刈りなどの手伝いを行ない、農家と自動車販売業と二足のわらじで自動車販売の経験を積んでいきました。

農家を継ぐか?自動車販売で身を起こすか?

正博に迫られた究極の選択とは・・

トヨタでの自動車販売にも慣れてきたころ、真保家に予期せぬ不運が訪れます。
正博が20歳の時に一家の大黒柱である父親が他界、家業を母親一人で行わなければならなくなってしまいました。このまま自動車販売業で生計を立てるか、それとも母親の手伝いをして家業を継ぐか、当時若干20歳の正博の判断に、真保家の命運がのしかかります。

正博は究極の決断を迫られます。「農家を次ぐか?それとも目標の自動車販売店を起業して一家を支えるか?」
正博が家業である農家を継げば、真保家はとりあえず安心です。父親と母親が今までやってきた農業を続けることで、なんとかご飯は食べていけることはわかっていました。一方、目標の自動車販売店を起業することは、大きなリスクがありました。正博には、まだ独立するほどの経験とお客様が無く、事業もうまくいくかどうかさえもわからないのです。今まで通り農業を続けるべきか?それとも自分の夢や志を追いかけ自動車販売店を創業するため頑張るか、若干20歳の正博は究極の選択を迫られることになったのです。
そして正博は、
自動車販売店を起こして独立する道を選ぶのでした。

正博は、トップセールスとなり27歳で独立を目指すことを決断。母親にその決意を打ち明けました。当然反対するであろうと思われた母は、「あなたがその気なら死ぬ気で頑張りなさい」と息子の決意を後押ししてくれたのです。母親には負担をかけることになりますが、正博は「必ず俺はこの自動車販売の世界で一番になる!必ず起業して地域ナンバーワンになって、母に楽をさせてあげたい!」と、ゆるぎない決意をしたのです。
Placeholder image
昭和51年10月にトヨタカローラ北越を退職しましたが、すぐに辞める事が出来ませんでした。当時の上司は「会社に不満があるなら社長との間を取り持つから退職は考え直さないか?」と引き留められるなど、同僚や店長などからも温かい言葉を頂きました。自分を育ててくれたトヨタカローラとそのお客様には、一つも不満などありませんでした。しかし自分の夢は「新潟一・日本一のトップセールスになること。そして次なる夢は自分の自動車販売サービスを作り上げること」しかなかったのです。

「地域一番店を作り、上越のお客さまにたくさん来店してもらいたい」正博は独立した新しい会社名に、新潟県上越地区で「地域一番店」を目指す決意を表すため「第一自動車販売」と名付けました。正博は昭和51年に北本町一丁目で「第一自動車販売」をスタートさせました。

 

 

365日24時間お客さまのために働くこと

独立してから10年間の間は、日曜祭日やお盆休みもなく、ひたすらお客さまのために24時間365日働きました。第一自動車販売をご利用頂いたお客さまには、休日夜間を問わずいつでもご連絡頂くため、名刺に会社と自宅の電話番号を記載して何かあればいつでも相談していただけるよう、当時から24時間365日のサポートを行っていたのです。販売したクルマに事故や不具合が発生すると、自宅にもお客さまから電話がかかってきます。そのため真保家では、起業後しばらくの間は、たとえ日帰りでも旅行などには行くことが出来ませんでした。しかし・・その決意と努力が多くのお客さまに評価されることになるのです。
Placeholder image

 

 

地域一番の信頼関係を築き
多くのお客さまをご紹介頂けるように

「徹底した地域一番の顧客サービスを実施する」
第一自動車販売は、地域一番のサービスを行った結果、お客さまからの信頼も厚くなり、多くのお客さまに頼られるお店になっていきます。自動車販売店において、頼られるお店の一つの指標が「ご紹介」の数です。第一自動車販売では、正博のサービスや実直な人柄に魅せられたお客さまが、次のお客さまをご紹介頂き、信頼関係から徐々にご紹介のお客さまが増えていきました。

その頃には顧客の数も300人を超えていましたが、全員のお客さまの顔と家庭環境を覚え、車検の時期が近付いたら車検の提案や新しい自動車の情報を提供、そのお客さまに合った中古車を紹介したりと、積極的に自動車販売をお客さまに提案していきました。結果、300人のお客さまから次々とご紹介を頂き、顧客の数はあっと言う間に500人を突破。第一自動車販売は、地域一番の自動車会社を目指して成長していきます。
Placeholder image

実直な対応が評価されて、多くのお客さまに恵まれました

 

 

地域の人々に支えられて奇跡の移転

地域一番店を目指す第一自動車販売は、ご紹介の輪が広がり顧客の数も増えて、創業時の体制では満足できる顧客対応が難しくなったため、現在の場所に店舗を移転することになりました。そんな折、今まで経営してきた実績を取引銀行が評価してくれ、通常はお会いすることができない地主さんに支店長の紹介でお会いすることが出来て「あなたなら良いだろう」と、店舗を出すことを認めてくれたのです。
当時は、現在営業している場所に、一介の自動車販売店がお店を出すことは難しい状況でした。しかし、支店長ほか多くの方がご協力してくれたため実現することができました。特に取引銀行との信頼関係があったからこそ、今の場所に新しいお店をオープンすることができたのです。
Placeholder image

商売は一人ではやっていけない。地域の人々との信頼関係が大事。

第一自動車販売は、今では新潟県最大規模の軽自動車販売店となり、多くのお客さまにご利用頂いています。さらに第一自動車販売を発展させるためには、決して自分の力だけではやっていけない。人とのつながりがあってこそ商売ができる。地域の人との繋がりの大切さをあらためて知り、第一自動車販売の礎を築いてくれた方々への感謝の気持ちと、店舗移転に協力してくれた皆さんには感謝の気持ちで一杯です。

 

 

さらなる顧客フォローのため自動車整備業へ進出

お客さまの数も増えてさらなるサービス強化の必要性を感じていた第一自動車販売は、販売したお客さまにリーズナブルな車検を提供するため、整備業への進出を果たします。平成6年に全国車検フランチャイズでナンバーワンの実績を誇る車検のコバックに加盟、ご購入した後のアフターサービスを確実に行なう仕組みを導入しました。

車検のコバックは、あやふやな車検価格を明確にして、わかりやすい車検整備を行なう車検システムです。基本料金の見積もり、立ち会い見積もり、分解見積もりの、三段階のしっかりした車検システムで、従来の整備工場には無い明確でわかりやすい車検サービスは、第一自動車販売の顧客に大いに喜ばれると考え、新潟県で最初にコバック・フランチャイズに加盟しました。 そして平成8年2月に指定整備工場を取得し、平成8年3月に車検のコバック上越店としてコバック店をオープンしました。
Placeholder image

 

 

「今までは引き取りしてくれたじゃないか」と常連客からの苦情も・・

車検のコバックが行なう車検は、第一自動車販売が提供する整備技術や安心感はそのままに、工場を効率的に運用することで、地域で一番安く車検整備を行なうサービスです。そのため、お客さまにはご来店頂く必要がありました。引取納車を無くして、ご来店頂くなどのご協力をお客さまにもお願いすることで、そのぶん車検価格を引き下げるという車検スタイルです。

「今までは取りに来てくれたじゃないか」
引取納車を行なう仕組みをお客さまにご来店頂く方式に変えたことで、残念なことに、今までお付き合いをして頂いたお客様からは、引取り納車がなくなり不便だと離れていかれたお客様も僅かではありますがいらっしゃいました。

今まで当店をご利用頂いていたお客さまを失うことは大変心苦しいことではありましたが、今までより格段に安い価格で車検ができる整備工場となり、大半のお客さまにはコバックシステムの良さを理解して頂き、進んでご来店頂くことができるようになりました。「車検のコバック上越店」は、今では昔からの馴染みのお客さまや、新しいお客様にたくさんご利用いただき、年間3,600台を超えるお客さまにご利用いただける車検工場に成長しました。

親子二代で地域一番のサービスを行なう自動車会社を目指す

創業時から第一自動車販売を育ててくれた人々や、上越市の地域の皆さまのご恩に報いるため、スタッフ一同にて直江津船見公園の海岸清掃や、町内のゴミ拾いなどを行っています。数々の地域社会への奉仕活動はもちろんですが、私たち第一自動車販売のスタッフ全員が、元気な挨拶と接客を行なうことで、地域のお客さまが元気になり、そのご家族にも元気が伝わり、お客様の職場も元気になり、上越市が元気に発展していく!と真剣に考えています。

「第一自動車販売」は、創業時から地域で一番の自動車会社になる!という目標のもと、車両販売やアフターサービスはもちろんのこと、笑顔や挨拶日本一番店!を目指して今でも努力しています。

「地域一番の自動車会社を目指す」ことを目標に「第一自動車販売」と名付けた当社ですが、創業者の正博は現場を離れ、その想いは息子である現社長が引き継いでいます。創業者である正博会長は、今でも毎日会社に出社し、長年の経験を社員に伝えて、会社の発展を見守っています。今後は、会長と息子である現社長がさらなるサービス工場を目指し、社員と一緒に上越市一番の自動車会社を目指して努力を行って参ります。

今後もより一層の努力を行ない、車両販売や車検整備、鈑金修理などのカーサービスは当然のこと、24時間顧客を見守るレッカーサービスと自動車保険の顧客サービスを含めたトータルサポートを行ない、更に上越市ナンバーワンの自動車会社を目指して精進を続けて参ります。

今後とも第一自動車販売をよろしくお願い致します。
第一自動車販売 取締役会長 真保正博
第一自動車販売 代表取締役 真保克貴
Placeholder image

PAGE TOP